臨床微生物部門企画

臨床微生物部門         10月1日(日)13:00~14:30 第4会場

今、求められる微生物検査におけるさまざまな教育を考える

  昨今、多くの検査室でISO15189等の第3者評価が導入される中で、微生物検査部門においては業務特性より多くの施設で“検査の質”は技師個人のスキルに委ねられており、他部門と比べ標準化等の進捗は十分ではありません。その要因の最たるものに“教育”の未成熟が挙げられます。この機会に微生物検査において求められているさまざまな場面での教育について考え、意見を交え、今後の微生物検査室の発展の一助となり得る企画にしたいと思います。

司 会:  藏前 仁       (刈谷豊田総合病院)
河内 誠(JA愛知厚生連江南厚生病院)

1.臨床検査室内における教育

中室 智恵美             (城北病院)
梅田 由佳            (金沢市立病院)

2.微生物部門内における教育

中山 麻美            (岐阜大学病院)

3. ICT活動としての教育

名倉 理教 (浜松医科大学医学部附属病院)

4.臨床医に対する教育

原 祐樹       (名古屋第二赤十字病院)

5.学生に対する教育

坂本 純子        (富山大学附属病院)
柴山 直美           (富山市民病院)

6.地域に対する教育  

加藤 淳也       (桑名東医療センター)

PAGETOP