公開講演

公開講演1のご案内  9月30日(土)13:00~14:00 第1会場

近畿大学大学院農学研究科・水産研究所

教授  澤田 好史

 平成29年度日臨技中部圏支部医学検査学会(第56回)の公開講演1では、近畿大学大学院農学研究科・水産研究所 教授の澤田 好史 先生をお招きし、これまでの食糧生産研究とクロマグロの完全養殖技術についてご講演頂きます。

ご略歴

1982年  京都大学農学部水産学科 卒業

1991年 京都大学大学院博士後期課程 修了

 同 年  京都大学 研修員

1994年 近畿大学水産研究所 研究員

1995年 近畿大学水産研究所 助手

1999年 近畿大学水産研究所 講師

2002年 近畿大学水産研究所 助教授

2008年 現職

 

クロマグロ完全養殖技術 -過去・現在・未来―

 日本は世界のマグロ類総生産量の約1/4を消費する世界一のマグロ消費大国であり、世界の限りあるマグロ資源に対して大きな責任を負っています。現在、歴史的に最低の水準に近い太平洋のクロマグロ資源については、これ以上天然資源を減らすことなく消費者に供給できる“クロマグロ完全養殖技術”が必要とされています。この完全養殖技術は、近畿大学が世界に先駆けて開発し、40年以上の年月を費やして研究を続けていますが、まだ道半ばです。今回の講演では、その技術開発の経緯、内容、現状、ブランド化、そして今後の展開についてご紹介し、大学における、日本の得意な科学技術分野である食糧生産の研究と、その使命である人材育成についてご理解を賜りたいと存じます。

 

公開講演2のご案内  10月1日(日)10:50~11:50 第1会場

株式会社 明治 食機能科学研究所 機能性評価研究二部

課長  夏目みどり

 平成29年度日臨技中部圏支部医学検査学会(第56回)の公開講演2では、株式会社 明治 食機能科学研究所課長の夏目みどり様をお招きし、チョコレートが持つ健康効果についてご講演頂きます。

ご略歴

1989年 名古屋大学農学部食品工業化学科卒業

 同 年 明治製菓株式会社入社

2008年 博士(農学),名古屋大学

2011年 株式会社 明治に社名変更

 

 

 

チョコレートで美味しく健康になろう

 私たちは、これまでチョコレートの原料であるカカオ豆に含まれるポリフェノールに抗酸化等の機能性があることを明らかにしてきました。2014年には、産官学連携プロジェクトとして、蒲郡市内外の一般市民385人を対象とした前向き研究を行った結果、カカオ分72%のチョコレートを4週間食べていただくことで血圧が低下すること等が分かってきました。さらに、20人の便秘気味の女性に同じチョコレートを2週間食べていただくことで、便通が改善する可能性があることも分かってきました。本公開講演では、これまでの私たちが行ってきた試験結果を中心に、チョコレートが持つ健康効果について紹介致します。

PAGETOP